目が不自由な女性へのプレゼント、何がいい? やっぱり音楽CD? 良い香りのグッズ?

写真:写真AC

誕生日やクリスマスには、友人、恋人、家族など親しい人とプレゼントを送り合いますよね。
特に、女性同士だと、友達の誕生日プレゼントを探すのが楽しい、という人も多いのではないでしょうか。
だけど、プレゼントを贈りたい相手が視覚障害者(目が不自由な人)だと、「何がいいんだろう?」と悩む人もいるかもしれませんね。
結論から言ってしまうと、見える人同士でプレゼントを贈りあう時とそれほど違いはありません。
「どんなものが好きなんだろう?」、「これ、あの人のイメージにぴったりだな」などと相手のことを思いながら選べば大丈夫です。
ということで、今回の記事はこれで終わりです。
・・・と言ってしまってはつまらないので(笑)

・これまでに友人に贈ったことがあるもの
・私が他の人からいただいて「ナイスアイデア!」と思ったもの

という観点から、視覚障碍者の女性に贈るのにおススメな、または無難なプレゼントをいくつか紹介します。
贈る相手を女性と想定してピックアップしていますが、性別関係なく使えそうなものも入っています。

音楽CD

目が見えなくても楽しめるものといえば音楽がまず思い浮かぶのではないでしょうか。
音楽のCDは、相手が好きなジャンルやアーティストが分かっている場合におススメです。
これは私の考えなのですが、音楽って好き嫌いが分かれると思うので、相手が好きなジャンルがつかめていない場合や、出会って間もない時は、他の物にしておいた方が無難かなと思います。
だけど、相手が「音楽なら割と何でも聴くよ~」という人なら、喜んでもらえるかもしれません。

石けんや芳香剤、入浴剤などの香りグッズ

写真:写真AC

雑貨屋さんやアロマの専門店に行くと、香り付きの石けんや入浴剤がたくさん売っていますよね。
香りは、見える・見えない関係なく共通の話題になります。
また、目が見えづらいと肩や首が緊張して疲れてしまうことも多いので、良い香りを嗅いでリラックスしたい人も多いと思います。
香りも人それぞれ好みはありますが、柑橘系、ラベンダー、バラなど、広く知られている香りがどうしても苦手という人は少ないのではないでしょうか。
これまでに、相手が「好きな香り」について話していたなら、それをヒントに選んでもいいと思います。

おいしいお菓子、紅茶など

写真:写真AC

おいしいお菓子や紅茶もいいですね。
甘いものが好きな方なら、普段自分では買わないような、銘菓コーナーのお洒落なチョコレートとかクッキーも喜ばれると思います!
というのは、私の好みです(笑)
でも、友達とお菓子を贈り合うって結構楽しいんですよね。
それに、お菓子の話題は、まだ親しくない人とも仲良くなるきっかけになると思います。
甘いものが苦手な方には、紅茶やお茶、コーヒーの詰め合わせもいいと思います。可愛い缶に入っているものもあるので、渡す時にデザインの説明をしても楽しいかも。
だけど、病気の関係で食事制限をされている方もいるので、もし聞けそうだったら、さりげなく食べてはいけない物があるかどうか聞いたほうがいいかもしれません。

手ぬぐい(タオル)

プレゼントを贈る相手が鍼きゅうあんま、マッサージの仕事をしている方や、その仕事に就くために盲学校で学んでいる方なら、手ぬぐい(タオル)も実用的です。
盲学校の送別会やイベントでは、手ぬぐいが贈呈品になることも多かったように思います。

補足:
この記事を公開した後、友人からメールが来て「ハンカチやタオルには、別れや縁遠くなるという意味があるとも聞くから、あげるのももらうのも少し躊躇する」と教えてくれました。
そこで、調べてみました。
ハンカチは涙を拭く時に使うことから、「お別れ」という意味があるようです。
でも、実用的だし、今は一般的な贈り物になっているので、ある程度親しいなら「これからもよろしくお願いします」という内容のメッセージカードを添えれば大丈夫だと思います。
タオルは、糸を紡いで作ることから人間関係で縁起がいい、お風呂あがりに使うことから嫌なことは水に流す、などの良い意味があるようです。
参考サイト:
贈り物としてバスタオルをプレゼントする意味・縁起の良さ

タオルは贈り物として人気が高く、様々な年齢層や性別に好まれて使われています。また贈り物用のギフトタオルもたくさんのアイテムやタオルセットが販売されていますね。 そんなギフトにぴったりであると知られてい
だけど、仕事の時に汗を拭くものなので「より真面目でいてください」という意味もあり、目上の人に渡すのには適さないという話もあります。
参考サイト:
プレゼントとしてのタオルに込められた意味
年上の方、目上の方に贈る場合は、タオル以外のものにするか、感謝の気持ちを添えたメッセージカードを添えるといいかもしれませんね。

クッションやブランケット


これは、私が人からいただいて特に嬉しかったものなのですが、クッションやブランケットも素敵だと思います。
クッションは、ハート、クマ、猫など触って形が分かるものもたくさんありますよね。
そこに気付いた晴眼者(目が見える人)の友人が
「クッションなら、形とか、感触とかを触って分かるんじゃないかと思って」
と言って、ディズニーランドのお土産にプーさんのクッションをくれたことがあって。
友人の心遣いも嬉しかったけど、私は肩や背中が疲れやすいので「可愛くて実用的なプレゼントだな~」と思いました。
相手の方の年代やイメージから「あまりにも可愛らしすぎるものはちょっと」と思うのであれば、落ち着いたデザインで探してもいいかも。
ブランケットも手触りが楽しめるし、寒い時期や、オフィスで寒そうにしている人へのプレゼントにおススメです。
実は、ブランケットは会社の同僚からいただいたことがあって、「いづる(仮の苗字)さんいつも寒そうにしてるから」と言ってプレゼントしてくれました。
肩からかけてもいいくらいの大き目なもので、ピンクの水玉で可愛かったです。
少し視力がある人なら模様や色を楽しむこともできます(^▽^)/

まとめ

以上、視覚障害を持つ女性へのプレゼントに特におススメなものを紹介しました。
もちろん、柄がきれいなハンカチや食器も、見た目を説明しながらコミュニケーションを取って楽しむことができます。
でも、私は「直接本人が感じ取れた方がより喜んでもらえるのでは?」と思いながら、友人のプレゼントを選んでいます。
ちなみに、大手のネットショップを見てみたところ、比較的気軽に渡せそうな香りグッズやお菓子はショップによって扱っている商品が違うようです。

Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場

こうして思い返しながら書いていて思ったのですが、目以外で楽しめるものって意外と多いです。
誰にでも言えることだと思いますが、プレゼント選びで大事なのは「何が好きなんだろう?」と相手のことを考えて選ぶことと、自分が思ったよりも喜んでもらえなくてもガッカリしないことだと思います。
気持ちはきっと伝わります!(*^◯^*)

関連記事

友達に誕生日プレゼントを送った話