アロマのおかげで、15年以上悩んでいた体質とうまく付き合えるようになった話

この間、お気に入りのアロマショップで季節限定の石鹸とマッサージオイルを買いました🌸✨
深みのあるフローラル系の匂いです。
このアロマショップの商品は、かれこれ3年くらい愛用してます。

今回の記事は、試行錯誤の末、体臭とうまく付き合えるようになった話です。
3年くらい前から書こうか迷っていたのですが、ようやく決心がつきました。
人によっては読んでいて気持ち悪くなったり、恥ずかしくなったりするかもしれません。
でも、同じように体臭で悩んでる人や、臭いのことじゃなくても人に言いにくい悩みで「死にたい」「消えたい」と思ってる人に読んでもらえたらいいなと思います。
そうじゃない人でも「こんな人もいるんだ」と思ってもらえたら幸いです。

根深い悩み、ワキガ

私は、思春期から自分の体臭で悩んでいました。
一般的にワキガと呼ばれる体質です。
普通の汗臭さとは違い、鉛筆、スパイス、ゴボウ、ネギなどの臭いに例えられるのですが、人によって、または体調によっても出やすい臭いのタイプが異なります。
耳垢は湿っています。(縄文系の遺伝子が強く出ている)
世界的に見ればこの体質が多数で、病気ではなく正常な体の働きとされているのですが、東アジアの中国、韓国、日本では少数なので肩身の狭い思いをします。

肌のことや体型のこと、顔のつくりのこと、障害のことなど、体の悩みはみんな持ってるものだと思うけど、臭いの悩みはいろんな意味で精神的につらいです。

鼻は良し悪しがダイレクトに伝わることは私もよく分かる。
でも、こっちは好きで臭くなってるわけではない。
自分の臭いで不快な思いをしてる人には申し訳ないけど「ケアしてて漏れる分は仕方ない」と、開き直らないとやってられない。

簡単に愚痴ったり相談したりもできないし、気にしすぎるとストレスで余計悪化するという罠もあります。

ワキガの人はお風呂に入らないから臭いんじゃなくて、アポクリン腺という汗腺が多いせいで毎日お風呂に入っても時間が経つと臭くなるんです。
一緒に生活してると移るというデマもあるけど、これは遺伝なので一緒にいるだけでは移りません。

また、ネットでそれ関連のキーワードで調べると、人の足元を見てるような高い商品を売るためのブログも目立ちますね…。

長年あれこれ試した結果、ワキガ体質は治らないけど、体質に合う石鹸とケア方法が見つかり臭いが弱くなりました。
臭いに敏感な母にも聞いたところ、前よりだいぶよくなってると言われています。
また、思春期より新陳代謝が落ちて緩和された可能性もあります。

私が調べて試したところによると、臭い汗を予防するには、殺菌、保湿、肌を酸性に保つことが大事みたいです。
殺菌は予想がつくけど、保湿って意外ですよね。
体は、水分が足りなくなると雑菌のエサになる皮脂を分泌してしまうから、保湿も大事ということみたいです。
ニキビ対策に似てますね。

今やってるケア方法
・ココナッツオイルと植物の精油が入った石鹸を毎日使う
・新しい石鹸のストックは、洋服タンスに入れておく
・シャツの下から肌着を着る
・ワセリンとホホバオイルと、消臭・殺菌効果のあるアロマを2、3種類、数滴混ぜて練り香水状にして、出かける前に清潔な脇に塗る
・トイレに行った時など、アルコールのウェットティッシュでこまめに脇を拭く
・夏でも週に1、2回、湯船に浸かる。湯船にはアロマオイルと重曹または塩を混ぜたものを少し入れる。
・Tシャツや下着の選択は、洗濯機に40℃のお湯を入れる。洗剤は殺菌力の高いもの。(アタックなど)

ワキガと知ってからの試行錯誤の日々

自分がワキガだと知ったのは、小学校高学年の時に母に指摘されたことがきっかけでした。
今から18年くらい前の話。
「どうもあなたは、お父さんからの遺伝でそうなっだみたい」と。

みんな汗をかけば自分みたいな臭いを発しているものだと思っていたから、違うと知ってショックでした。
保険適用で手術はできるのですが、痛い思いをしても臭いを出す汗腺を完全に取りきれないと再発する場合もあると聞くのでなるべくしたくないと思っています。
人によっては治るそうですが、運次第です。
本来その人の体にとってあるべきものを無理やり取ってしまうわけだから、副作用とか再発があっても不思議じゃないかもしれません。

母はワキガ体質ではないので対処法も分からなかったのですが、制汗剤を一緒に買いに行ったり体臭を抑える石鹸を買ってきてくれました。
皮膚科で相談して市販の商品の中では強力な制汗剤を教えてもらって使っていましたが、使っているうちにだんだん効かなくなっているような気がしていました。

ネットで調べていくうちにわかったのですが、長く同じ製品を使っていると効きにくくなるとか、日本の薬局で買える制汗剤や石鹸はほとんどがワキガ体質じゃない人向けのものだから使ってもあまり効果が出ないとか、そういうことも関係あるようです。
特にスプレータイプの制汗剤はすぐ流れていくので効いても一瞬。

(何が、「気になる汗の臭いにはこれ!」だよ。
世界標準の体質は、そんな普通の制汗剤じゃ歯が立たないのに)

夏になるとたくさん流れる制汗剤のCMを見るたび、そんな風に毒づいていました(笑)

私が大学生になる頃には、殺菌・抗菌作用が強くて汗で流れにくいスティックやクリーム状になってる製品も何種類か薬局に置かれるようになり、そのタイプのを出かける前と日中に塗ればそれなりに効きました。
でも、使い続けてるとかゆくなったり、日によってはあまり効かず余計変な臭いになったりしていました。
石鹸も、殺菌・抗菌効果をうたったものは意外と合わなくて、お風呂上がりからすでに臭っていました。

石鹸は炭が入った洗顔用の固形石鹸を使うと臭くない時間が伸びていたから、ちょっと高いけど贅沢に全身に使っていました。
うちで使っていたのはエルベナソープ。生協の共同購入で安くなってる時に母がまとめて注文してくれていました。
スーパーで買える手頃な値段のものだと、牛乳石鹸もなかなか良かったです。匂いも優しいし。

残念ながら今は廃盤になったみたいですが、マックスの固形石鹸の「桜の香り」もいい感じでした。
あれと同じような桜餅の香りの製品は、ほとんどないですね。
桜って書かれていてもチェリーの匂いだったりします。
調べたらトンカビーンズっていう植物の精油が桜餅の匂いに近いみたいですが、あまり売られていないのだそうです。
だいぶ経ってから、ゼラニウムやパルマローザの残り香がちょっとだけ似ていることに気付きました。
補足: 生活の木に希釈されたトンカビーンズのオイルが売られてます!
希釈しても匂いは強めみたいです。

石鹸にしろ制汗剤にしろ、殺菌成分が強ければいいと言うものではないようです。
体質に合わないと、消臭どころか余計に悪化したりするから厄介です。
やっぱり、日本で一般的に言われる汗臭さとは違うんだと思います。
日本も欧米みたいに、ワキガの人が使えるデオドラントが数多く売られていればよかったんですけどね。
商品開発は大多数に合わせて行われるから、仕方がないのでしょう。

除菌用ウェットティッシュとアロマ

長年いろいろ調べて、いくつもの製品を試して、5年くらい前からはアルコール入りの除菌用ティッシュを持ち歩いてトイレでこまめに拭く方法に落ち着きました。

ノンアルコールの除菌ティッシュでも少しは効果がありました。
アルコールの有無は、肌質によっても合う合わないがあると思います。
汗拭きシートは、厚手で拭きやすいものだと少ししか入ってなくて、清潔を保つために頻繁に使ってたらすぐなくなります。
体臭が少なくて、日中に1度拭けばいいならあの量と値段でいいのかもしれないけど。
でも、除菌ティッシュは汗拭きシートより安くてたくさん使えるのでこまめに拭くのに適しています。
シンプルイズベスト。
これなら、体を拭く以外にも使えますしね。

そして、もう一つ心強い味方になってくれたのがアロマグッズです。
アロマは、体臭を消すためにやっていたのではなく、最初は普通の趣味としてやってました。
やりながら調べているうちに、意外と体臭対策にも効果あり?と気付きました。

部屋で精油を香らせたり、精油がたくさん入った石鹸を使ったり、小分けにしたワセリンとホホバオイルに消臭・殺菌作用があるアロマを何種類か混ぜて塗ったりしています。

今は、沖縄にあるペタルーナというアロマショップの石鹸を全身に使っています。
中でも、イランイラン、ローズ、ネロリ、パチュリなどの重めのアロマが入った石鹸が私に合うようです。
使うまでタンスに入れておくと服にもほんのり匂いが移って一石二鳥✨
保湿クリームやマッサージオイルも、ペタルーナのものを使ってます。

部屋で香らせたりお風呂に入れたりする精油は、生活の木のものを使ってます。

体臭がある人が香料の入った製品を使うと余計に臭いが悪化するというのが一般常識だけど、天然の精油が入ったものであれば時間が経つごとに自然に薄れていくし、殺菌・消臭効果もあるし、混ざってもそれほど悪臭になりにくいようです。
脇から出る臭いが強い汗はアルカリ性で、アロマの精油は酸性ということも関係していそうです。

よく考えてみたらアロマや昔の香水は、私みたいな体質の人がたくさんいるヨーロッパで発展した文化。
それこそ薔薇みたいに香りが強い花はあまりお風呂に入れなかった時代から貴族たちに愛用されていたし、
ハーブや柑橘類は、肉料理、魚料理に使われる。
結構、いい線いってるのでは?と考えます。

日本で強い匂いをプンプンさせてたら嫌がられるけど、毎日使うものにアロマを取り入れるなら違和感が少ないはずだし、
体臭はストレスでも強くなるからアロマで精神的に安定できるのも大事な効果だと思います。

(本当は、アメリカにありそうな洗浄力と香りが強い洗剤、柔軟剤、デオドラントなどを使うと力技で消せるかもしれないけど、香料が強いとうちの家族はみんな気分が悪くなるので使えません)

暑い夏に、アロマと重曹を少量入れて半身浴をするのもなかなか良いです。
汗と一緒に老廃物が流れて汗腺がスッキリするんだと思います。

アロマには本当に、精神面でも肉体面でも助けられています。
スーパーや薬局で買える消臭グッズも効果的に使えたらいいけど、何をやってもダメとか、臭いを気にするストレスで余計に悪化してしまうという人は生活にアロマを取り入れてみるのも良いと思います。
もし、体臭に直接効果がなくても精神的に少し楽になれるかもしれません。

最後に

日本は労働力不足解消のためにいろんな国の人を招き入れる方向にいってて、それに伴って体臭が強い体質の人も珍しくなくなるはず。
体臭対策の製品ももっと体に優しくて、長く使い続けられるようなものが手軽に買えるようになってほしいですね。

そして「完全に無臭じゃないとダメ」っていう文化が改められたら生きやすくなるのにと思ってしまいます。

こう言ってはなんですが、ワキガ以外の変なニオイさせてる人って、その辺に溢れてます。
胃腸や口腔内のトラブルでも独特の臭いが出るし、服が生乾きの臭いの人もいるし、加齢臭の人もいる。
鼻が麻痺してるのか香水や柔軟剤を使いすぎて香料を撒き散らしてる人もいる。
ワキガの人は周りの人のためにケアするのも大事だけど、ストレスを溜めないように
「確かにこの体臭はあまりいないから変かもしれないけど、日本人だって無臭な人は少ない」
と心の中で開き直ってもいいと思います。

コメント

  1. recluse より:

    オールドスパイスおすすめです!
    においは香水系、南国系に近いですが、私は脇と首に塗って使っています
    国際通りにお店があるので、いつもそこで購入しています
    (ネットでも購入可能です)

    価格は一本あたり1000円前後
    毎日使っても1年以上は保ちます

    私も、においに悩まされていましたが
    こまめにアルコールで拭く事と、オールドスパイスを結構多めに塗りたくる事で解決しました

    まだお試しでなければ、是非使ってみて下さい

  2. recluse より:

    追加です

    私が着ている服は50°以上のお湯に洗濯用洗剤(私はアタックです)を多めに入れて30分程つけ置きした上で洗っています
    においの原因となる皮脂や汗など、しっかり洗い流せるので、こちらもおすすめです

    センシティブなものですから
    コメントの方は消去されても構いません

    もえ様の事、応援しています!

    • いづる もえ いづる もえ より:

      コメントありがとうございます!
      この記事には書くのを忘れていましたが、熱湯で一度洗ってからの洗濯とアタックも、5年くらい前から取り入れています!
      次に洗濯機を買い替えるときは温水対応のものにしようと家族で話しています。
      そのおかげもあって、軽減したかもしれません。

      オールドスパイスも調べてみました。
      アメリカのデオドラント良さそうですね!
      ありがとうございます。

      沖縄は国内の他の場所と比較して縄文人の血が濃いから、私たちもまだ生きやすいほうだと思っています。