精油の香りを言語化してみる

精油の香りを言語化してみる

最近、仕事以外で長文を書く気力が湧かず、そんな時もあるよねってことでアロマの香りを楽しんでいます。
アロマの精油って、芳香浴意外にも、掃除やルームスプレーにも活用できるし、意外と実用的なんですね。
調べれば調べるほど、ワクワクします✨

とうとうホホバオイルも注文してしまいました。
届いたら簡単な保湿クリームを作ろうと思ってます。
もちろん危険のないように、でもあまり神経質にならずゆるく楽しむつもりです。
もし皮膚トラブル起きたら、今まで通り芳香浴と掃除、消臭で楽しみます。

ということで、今回は手持ちの精油の香りを嗅いで思ったことを言語化してみます。

ペパーミント
スースーして気持ちいい。大好きな香り。
ミントチョコ、歯磨き粉、湿布を思い出す。でもすぐに香りがなくなってしまうので残念!

ラベンダー
定番の香り。清潔なイメージ。少しツンとしてるけど甘さもある香り。
石けん、ちょっといい化粧品、芳香剤を思い出す。
最近アロマにハマるまでは可もなく不可もなく、でも体調によってはちょっときつい香り。だったけど、慣れてきたら好きになりました。香りも効能も万能だし、すぐに消えない香りだし(ミドルノート)
化粧品や石けんによく使われてるのも納得。
あと、先輩から本物のラベンダーのポプリをたくさんいただいたので、最近はクローゼットの香りになってます!

ティーツリー
消毒!って感じの匂い。スースーする。瓶から嗅ぐと臭い(笑)
でもオイルが空気中に蒸発するとさわやかな香り。
ティーツリーに限らず、精油ってそういうのが多い。

ユーカリ
ティーツリーと似てる。でも、私はユーカリの方が馴染みやすい香りに思える。ティーツリーよりスースーしてさっぱりしてる。ほんの少し甘さもあるかも。

ローズマリーシネオール
ティーツリー、ユーカリとも少し似ている。でも、もう少しさっぱりとした優しい香り。ラベンダーと混ぜるとすごくいい匂いになる。

レモン
レモン果汁の香り! 酸っぱい!!

オレンジスイート
オレンジジュースの香り!

グレープフルーツ
果物のグレープフルーツそのもの!! よく使われる柑橘系のレモン、オレンジ、グレープフルーツの中では、これが一番好き。少しスポーツ飲料の甘さを思い出す香り。食べると酸っぱくて苦いのに、香りは甘いから不思議。

シトロネラ
レモンの香り付きの石けんの香り…って言うとややこしいけどそんな感じ(笑)
果物のレモンより香りが強いし、石けんみたいな甘い香りがくっついてる。好きなんだけど、体調によって感じ方が変わるし、嗅ぎすぎると頭が痛くなる。香水にも入ってそう。
アロマでは「柑橘系の香り」に分類されるけど、植物の分類上はイネ科で果物とは関係ないんだって。

パルマローザ
こっちはフローラル系の石けんの香り。
雑貨屋さんの精油コーナーのテスターで嗅いで衝動買いしたけど、これも体調によって感じ方が変わる。元気な時とか、穏やかな精神状態の時は、大人の女性っぽくて好き。
でも、気分によっては鼻に付く。
シトロネラと近い種類の植物。言われてみれば、石けんっぽさが似てる。
パルマローザは、ローズの香料を作るときにも使われているそう。(本物のローズの精油は高いので)
なるほど。私、バラ系の香りグッズが少し苦手だから納得。
元気なときは、甘い石けんの香りも好きなんだけどなぁ。

イランイラン
あまり好きではない。でも、なんだか気になる香り。どこかで嗅いだような?
高級な香水や化粧品に使われることもあるようだから、デパートの化粧品売り場とか、外を歩いててこの香りをつけてる女性とすれ違ったのかもしれない。アロマのことを調べていると、ジャスミンと似てるって言われることもあるけど、家の庭にあるジャスミンの花とはそんなに似てないような???
強いて言えば、モワーンと広がる感じが似てるかもしれない。
単体だと苦手だけど、柑橘系やラベンダーに少量混ぜるといい香りです。

シナモンリーフ
最初はザ・薬品!って感じのきつい臭いだけど、少し経つと甘いシナモンの香りになる。でも、精油だからなのか調味料として加工されてるシナモンよりは、植物っぽさが残ってる。ちょっとずつ取り入れたい、甘くて不思議な香り。甘い匂いなのに、虫避け、ゴキブリ避けになるって不思議!

カモミールローマン
カモミール精油の原液はお試しで買うには高価だったので、ホホバでだいぶ希釈されたものを買いました。なので、原液の匂いがどんななのかは分かりません。
「青リンゴのような」と表現されることが多いけど、私は、子供のころ風邪の時に食べていた、すりおろしたリンゴを思い出しました。
好きな香りです。