パトカーみたいな猫

パトカーみたいな猫

2月22日猫の日

ということで、うちの近所にいるパトカーみたいな野良猫の話をします。

一昨年の秋ぐらいから、よくうちに遊びに来るオス猫がいる。

呼び名は、マンチカンブー。

でもこの猫、マンチカンとは何も関係なくて、むしろ体は大きい方なので本物のマンチカンとは似ていないと思う。

たぶん「丸っこいし語感が面白い」っていう漠然としたイメージで母がつけた呼び名。

こいつは、名前に負けず面白い。

やってくるときに「マオマオ」

去っていくときに「マオマオ」

なんかねだるときも「マーーーオーーー」

まるで相撲の行司みたいに息が続く。

あまりにおかしくて、ときどき餌をやっていたら、毎日うちに顔を出すようになった。

昼寝をしている時に私達家族が通りかかると、ものすごく面倒くさそうに挨拶をする。

目があんまり見えない私でも、こいつが家の周りに来たら、どの辺りにいるかだいたい分かる。

視覚障害者にわかりやすい猫。

母いわく、まるでパトカー。

猫ってこんなにおしゃべりでフレンドリーだったっけ。

玄関前でべたっと寝て私に踏まれそうになってもおかまいなし。タヌキみたいな格好でよく寝てる。

去年の年末くらいから来る頻度は減ったけど、今も来た時は「ニャーーー!」とか「マーオ、マーオ」とよくしゃべる。

たまに他の猫にやられてしょぼくれていることもある。

最近は、こいつの子供のマンチカンチビがよく遊びに来てる。

実はマンチカンチビは、よく一緒にくっついていた兄弟猫がいたんだけど、

その猫は残念ながら1月末に死んでしまった。

マンチカンチビはしばらく寂しそうにしていたけど、最近は少し元気になってきたみたい。

チビも遊びに来たら鳴くけど、父ちゃんほどはうるさくない(笑)

最後に、ブーとチビの写真を載せます!