憂鬱なこと、ちょっと楽しいこと

憂鬱なこと、ちょっと楽しいこと

久しぶりの更新になります。
実は今、あまり元気がありません。
お腹痛い、怠い、無気力。そんな感じです^^;

でも食欲はあるので、絶望的な状況ではないです!!

実は女性特有のお腹の病気になってしまいまして。
とてもひどくなる前に見つかったのでよかったのですが、それなりに痛いし気分が優れません。

簡単に言うと、お腹の中に腫れ物ができてしまう病気です。
悪性の可能性は低く、腫れ物が小さくて特に症状もなければ経過観察のみでいいようですが、
痛みがある場合や、そこそこの大きさのものを放っておくと、
救急車を呼ぶほどの激痛に襲われたり、ごく稀に悪性化してしまう可能性があります。

私の場合はそこそこの大きさになっていて、全然動けないとまではいかないけど痛みや不快な症状が頻繁に出てくるので、治療することになりそうです。

それでこの間、大きな病院で精密検査をしてきました。

MRI検査というもので、お腹の上に平べったい器具を乗せられて筒状の機械に閉じ込められて、30〜40分くらい工事現場のような騒音を聞かされました(^◇^;)
・・・なんてテキトーな説明。

MRIは体の断面図が見られる医療機器で、体の奥にある器官や脳の様子なんかも詳しく見えるようです。

確かに、狭くてうるさくて圧迫感がすごかったけど、
造影剤の注射以外は痛くないし、それで体内を詳しく見てもらえるならすごい検査方法だと思います。

だけど、閉所恐怖症の人はとても苦痛かもしれません・・・。
途中で気分が悪くなったときのために、検査が始まる前に緊急用のブザーを握らせてもらえます。

服薬治療になるのか手術になるのかは、数週間後に先生からの説明を聞きながら決めていきます。

なので、しばらくの間はモヤモヤした気持ちが続きそうです。

だけど、痛みや体の異変が気のせいじゃないとわかり、そういう意味では少しホッとしました。

最近の楽しみは、朝起きたら庭に置いてあるミントの鉢植えに水やりをすること、遊びに来る猫を見ること、
それからニンテンドー3DSの「どうぶつの森」をプレイすること!

ゲームは本体を顔の前に持ってきてようやく見える感じですが、
どうぶつの森みたいにのんびり進められるゲームや、制限時間がなくて絵がはっきりしているパズルゲームは私でも楽しめます。

それに、DSも昔と比べて画面が大きくなり、見やすくなりました。

どうぶつの森は、一番小さい家のローンを返し終わり元村長と南の島が出てきたところまで進みました。

病院の長い待ち時間もこれのおかげで楽しく過ごせています(笑)

だけど虫取りは私の視力では難しい。
虫取り網を振り回してまぐれで捕まえられたらラッキー、という感じ。

ちなみにどうぶつの森は無料のスマホアプリ版もあって、そちらはDSソフトより手軽に遊べるようになってます☆

長くなってしまいましたが、当分の間はあまり積極的に動く体力・気力はないと思うので、焦らず大人しくしていようと思います。

よろしければ記事のシェアをお願いします☆

フォローする

コメント

  1. お腹の中の腫れ物心配ですね。
    検査もお疲れさまでした♪
    MRIうるさいですよね(笑)。
    私は閉所恐怖症ではないですが
    苦手な人にはつらい検査ですよね(;´∀`)
    無事に治療して治りますように(*´ω`)

    どうぶつの森、昔wiiで3年ほどやってました。
    めっちゃ癒されるゲームですよね(*^^)v

    • いづる もえ より:

      お返事、すごく遅くなってしまいすみません(T . T)
      腫れ物のほうは薬で治療することになりました。ご心配おかけしました!

      どうぶつの森はいいですよねー!
      癒し系だけど、ローンのシステムがあったり、どうぶつたちが高値で何かを買わせようとしてきたり、ちょっと毒がある部分も含めて好きです(笑)